月刊ウインド2021年6月号(429号)

2021年5月26日
月刊ウインド編集部

表紙は「春江水暖~しゅんこうすいだん」(6/19~7/2上映 ※火曜休館)。舞台は中国・杭州市富陽区。変わりゆく街に暮らす、ある大家族の四季。壮大なロングショットに息を吞む現代の山水絵巻を、ぜひ劇場のスクリーンで!

6月の上映作品の紹介&時間を掲載。(→上映スケジュール)

※新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※シネ・ウインドは全席「座席指定制」、火曜定休になりました 

※劇場受付と公式サイトで2週間分の「座席指定チケット」を販売中。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

  

特集は「のぞいてごらん シネ・ウインド上映企画部!」。

新潟・市民映画館鑑賞会の運営部のひとつである「上映企画部」の定例会潜入ルポ。運営参加は会員特典です。皆さんもぜひご参加を!

※上映企画部の定例会は毎週月曜19時~。見学歓迎ですが、急な日付変更もあるので、事前にお問い合わせください。

  

他に、来館レポートやイベント報告、映画祭やマジックライブ、落語会の紹介、展覧会・公演の感想など、盛りだくさん。

画家・長沢明さんの隔月連載「番外写生」第2回は「四角い話」。「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は「音楽に魅き寄せられた4月の映画」。人気連載「猫と暮らして」は特別編「犬と暮らして」” わが家の西太后”(Webサイトにて、カラーでご覧いただけます)。

大阪の天満天神繁昌亭初代支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中!

◎新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります◎

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店、BOOKS f3で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

  

《もくじ》

P.1 スケジュール表 料金表 もくじ

P.2~5 シネ・ウインド インフォメーション

「迷子になった拳」《「BOLERO 2020」&井関佐和子トーク》《映像作家・小森はるか作品集+ 二重のまち/交代地のうたを編む》「愛のコリーダ 修復版」「めぐみへの誓い」「私たちの青春、台湾」「ブックセラーズ」「海辺の彼女たち」「僕の帰る場所」「馬三家(マサンジャ)からの手紙」「春江水暖~しゅんこうすいだん」「私は確信する」「フィールズ・グッド・マン」

P.6   事務局通信

P.7   

イベント報告 *「街の上で」リモート挨拶

来館レポート *「陶王子 2万年の旅」トークイベント

映画とともに *第30回にいがた国際映画祭 記者発表

P.8   

番外写生 2 長沢 明

ウインドのオススメ *渋谷駿マジックライブ

P.9~10 特集 のぞいてごらん 上映企画部!

イベント報告 *「ヒッチャー」「クラッシュ」ミニトーク

ウインドのオススメ *五街道雲助・隅田川馬石 親子会

演劇 Noism2 定期公演「Complex」 感想

P.11   

サウンドトラック隊の映画音楽講座 113 島田幸市

あ・ら・かると *無言館 展 感想

P.12   

どうしてこんなに映画なんだろう 97 えのきどいちろう

特別編 犬と暮らして その11

あ・ら・かると *リサ・ラーソン展 感想 *祝!Noism

P.13   

南の果てより愛をこめて 388 恩田雅和

声風―SEIFU― 編集後記

  

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。 (月刊ウインド編集部 市川)