月刊ウインド2021年4月号(427号)

月刊ウインド編集部
月刊ウインド4月号

表紙は、「愛がなんだ」の今泉力哉監督による珠玉の群像劇「街の上で」(4/17~5/14上映 ※火曜休館)。

新型ウイルス禍による1年近い公開延期を経て、いよいよシネ・ウインドのスクリーンに登場です!

4月の上映作品の紹介&時間を掲載。(→上映スケジュール)

※新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※シネ・ウインドは全席「座席指定制」、火曜定休になりました 

※劇場受付と公式サイトで2週間分の「座席指定チケット」を販売中。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

   

特集は、映画感想座談会「ばるぼら」編。ふわっとした感想から極論まで、いつにも増してとっちらかった楽しい座談会です。

4月号より、画家・長沢明さんの隔月連載「番外写生」がスタートします。昨年は新潟市美術館での「長沢明展 オワリノナイフーケイ」、12月には展覧会場などで撮影された短編映像(監督:梨本諦嗚)がシネ・ウインドで上映されている長沢明さん。ご縁あって、エッセイをお願いできることになりました。ご期待ください!

他にも、「ばるぼら」「白痴」手塚眞監督来館やイベントのレポート、「会員アンケート2020」報告など盛りだくさん。

「ばるぼら」手塚眞監督トーク

「白痴」上映後のトーク 左:手塚眞監督 右:坂口綱男さん

  

「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は西川美和監督作品のサントラについて。

「猫と暮らして」は劇団カタコンベ(3/24~4/4公演あり)の熊倉静さん(Webサイトにて、カラーでご覧いただけます)、大阪の天満天神繁昌亭支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中!

◎新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります◎

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店、BOOKS f3で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

   

《もくじ》

P.1 スケジュール表 料金表 もくじ

P.2~5 シネ・ウインド インフォメーション

「佐々木、イン、マイマイン」「島にて」「おろかもの」「この世界に残されて」《ジャン=ポール・ベルモンド傑作選「大盗賊」「大頭脳」「恐怖に襲われた街」「危険を買う男」「オー!」「ムッシュとマドモアゼル」「警部」「プロフェッショナル」》「空に聞く」「二重のまち/交代地のうたを編む」「ぶあいそうな手紙」「ヒッチャー ニューマスター版」「クラッシュ 4K 無修正版」「ヒトラーに盗られたうさぎ」「街の上で」「陶王子 2万年の旅」

P.6 事務局通信

P.7 イベント報告 

*連続講座 現代アートハウス入門 

*「レディ・トゥ・レディ」リモートトーク

来館レポート 

*「ばるぼら」「白痴」手塚眞監督トーク

P.8 

新連載 番外写生 第1回 長沢明

やすらぎ堤 野草の花めぐり散歩2021

P.9~10 

映画感想座談会 「ばるぼら」編

会員アンケート2020 報告 その2

P.11 

サウンドトラック隊の映画音楽講座112 島田幸市

演劇 Noism0/Noism1「Duplex」感想

P.12

どうしてこんなに映画なんだろう 95 えのきどいちろう

猫と暮らして その77

あちらこちら安吾 読書会の案内

風猫句会 報告

P.13

南の果てより愛をこめて 386 恩田雅和

声風―SEIFU― ピックアップレポート

編集後記

   

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。

(月刊ウインド編集部 市川)