4月11日(火)に行われた「新潟・市民映画館鑑賞会」の月間ミーティングで、会員のIさんより提案された新たな企画が、「やすらぎ堤 野草の花めぐり散歩」でした。
その場で実施を決定、月刊ウインド5月号で参加者を募集し、5月21日、無事に開催されました。

参加者は10名。
5月のやすらぎ堤は、ホントに驚くほど野草の花でいっぱい!!
普段は「雑草」とひとくくりにしてしまいますが、一つ一つにちゃんと名前があって、由来があって、エピソードがあるんです。
Iさんの説明を聞きながら、ルーペでじっくり観察したり、写真を撮ったり、持参した野草図鑑と見比べたり、スケッチしたり。

発見・観察した花は、知っていたもの、知らなかったもの、いろいろで、マンテマ、白花マンテマ、タンポポ、コバンソウ、ハハコグサ、ハマヒルガオ、シロツメクサ、コゴメツメクサ、カモガヤ、ブタナ、ハルジョオン、黄菖蒲、ハマナス、ニワゼキショウ、大松宵草、松葉海蘭、カラスノエンドウ、カスマグサ、バイカウツギ、などなど、数え切れません。
実がなっている御衣黄(桜)や、くわの木、クルミの木もありました。

当日は初夏というにも少々暑すぎるくらいの日差しと気温でしたが、元気にシネ・ウインドから八千代橋を渡り、やすらぎ堤左岸を歩いて千歳大橋までたどり着きました。
途中の東屋でお弁当を広げて、すっかり遠足気分。
楽しかったですよ~(^^)

(月刊ウインド編集部 市川明美)