月刊ウインド編集部です。

新潟県立万代島美術館「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」の開場式に行ってきました(会期は7/4~8/31)。
開場式でスタジオジブリの橋田さんは、「新潟でしかできない展覧会だ」と語り、
「愛すべき近藤さんのためになんとかしたいという思いが結集した展覧会。
会場にちりばめられた近藤喜文さんの言葉を見ていて涙が出てきた」とも。

DSC_1201

展覧会は、懐かしい「赤毛のアン」や「名探偵ホームズ」(犬の♪)、
ジブリ映画の中でも特に好きな作品「耳をすませば」の下絵やセル画がたくさんあって、嬉しかったです。
こんなところまで指示しているんだと驚くほど緻密な絵コンテ。
完成にまで至らなかった企画の数々には、仕事の大変さを感じ、
あくなき挑戦に感動を覚えました。

今日は音声ガイドを借りてみました。
音声ガイドのナレーターは、「夢は牛のお医者さん」上映の際シネ・ウインドにも来館してくださったTeNYアナウンサー久保田紗也加さん。
ガイドではスタジオジブリの鈴木敏夫さん安藤雅司さんも話をしていて、展示のないエピソードもあったり、聞き応えのある内容でした。

展覧会全体から、スタジオジブリにとって近藤さんがとても大切な人だったことが伝わってきて胸が熱くなりました。
撮影スポットも複数あって、楽しかったですよ。オススメです!

DSCF3791 DSCF3789b

(月刊ウインド編集部 市川明美)

*********************************
「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」
■会期  7月4日(金)~8月31日(日)
 ※休館日 7月7日(月)、8月4日(月)
■開館時間  10:00~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
■会場  新潟県立万代島美術館 [新潟市中央区万代島5-1 万代島ビル5F]
■観覧料 当日券 一般1,100円/大学・高校生900円
■主催  新潟県立万代島美術館、TeNYテレビ新潟、近藤喜文展実行委員会
■公式サイトhttp://banbi.pref.niigata.lg.jp/ 問い合わせ025-290-6655