新潟市美術館「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ 版画をめぐる冒険」の開場式&内覧会に行ってきました(11/2)。

ピカソというと、「わからない」「難しそう」といったイメージもありますね。
この展覧会はピカソの版画を中心に、彼が過去の巨匠たちの作品からいかにして学び、自身の作品に昇華させていったかを紹介しています。

そのために、ピカソの作品だけでなく、ゴヤ、レンブラントといった巨匠たちの作品も一緒に並べて展示してあります。
見比べて、ピカソがそれらの作品のどんなところを見、自身の作品に吸収していったかを想像するのも楽しいですよ!

これら多数の版画は、世界でも屈指のコレクションを誇るフランス国立図書館から今回の展覧会のため特別に貸し出されたのだそうです。
100点近いコレクションが日本で見られるのは貴重な機会ですね。

展示のラストには新潟市美術館所蔵のピカソの油彩画もあります。

ミュージアムショップはとても充実していて、なんと、ピカソのぬいぐるみもありました!

(月刊ウインド編集部 平 淳一郎)
※写真は取材許可を得て撮影しています。
※月刊ウインド2018年12月号に取材記事「タイラのイラストルポ」を掲載します。ぜひお読みください。

**********************************
●ピカソ 版画をめぐる冒険
http://www.ncam.jp/exhibition/4577/

会期: 2018年11月3日(土) ~ 2018年12月16日(日)
開館時間:9:30~18:00 ※観覧券の販売は17:30まで
休館日: 月曜日
会場:新潟市美術館(新潟市中央区西大畑町5191-9)
観覧料:一般 1,000円(800円)、大学・高校生 800円(600円)、中学生以下無料
※( )内は団体(20名以上)・リピーター割引料金(本展観覧券の半券提示で2回目は団体料金に割引)
※障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方および一部の介助者は無料(受付でご提示ください)
主催:ピカソ展新潟実行委員会(新潟市美術館・TeNYテレビ新潟)
問い合わせ: 新潟市美術館 TEL:025-223-1622
★美術講座やドキュメンタリー映画上映会「ピカソ:天才の遺産」など、イベント多数!
詳しくは公式サイト参照 http://www.ncam.jp/exhibition/4577/