特別編 犬と暮らして 「うな」と「まあ」

2021年2月25日
月刊ウインド編集部
2006年

 2019年9月、「うな」は13歳と11ヵ月で亡くなった。フードもスープも受け付けなくなり、亡くなった時の体重はわずか750グラム。「まあ」と「うな」は月齢ひと月違いのパピヨン。月齢4ヵ月の時、「まあ」は3キロなのに対して「うな」は1・2キロしかなかった。引き取った時、この小ささではそんなに長くは生きられないだろうなぁと覚悟をしていたけど、小さな体でもそれなりに生きられたのは「まあ」のお陰だと思う。犬を飼っている方には多頭飼いをお勧めする。食事を取り合ったり、遊んだり戦ったり、寒い時は寄り添ったり、犬同士で距離を保ちながら集団生活を楽しんでいたように見える。「うな」が亡くなって1年が過ぎ、「まあ」は15歳を超え、「その時」の「うな」と同じように急速に老いている。ぷるぷると震えながら食事をしたり、ゆらりと大きく揺れながらこちらを見やる。1日の大半を寝て過ごす「まあ」の周りはゆっくりと時が流れているように見えて、その実、物凄いスピードで流れている。
2020/12/10(谷藤幹枝〈2〉)

2019年

■(株)JOV代表、CMなどのナレーターや葬儀の司会、デザインの仕事などで活躍している谷藤さんに原稿を寄せていただきました。

※月刊ウインド2021年3月号掲載

■月刊ウインドの人気連載、2回ずつで書き手が変わるリレーコラムです。ウチの猫、ウチの犬のことが書きたい!という方は、月刊ウインド編集部までご連絡ください。

  

※シネ・ウインド来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください(飲み物はOK)

※2/6より全席「座席指定制」になりました ※詳しくはこちら

※劇場受付と公式サイトで2週間分の「座席指定チケット」を販売中。※詳しくはこちら

 受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

※3月より火曜定休とさせていただきます ※詳しくはこちら

  

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、情報工房DOC万代メディアシップ店、BOOKS f3で販売。ネットショップより発送も承ります!!