月刊ウインド2020年11月号(422号)

月刊ウインド編集部

★新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります★

  

ドーンと大増ページの35周年祭記念特別号(表紙・広告入れると、総52ページ!)。

表紙は35周年祭の企画より。

35周年祭は11月7日(土)~12月11日(金)。1ヵ月間のロング周年祭です

35周年祭 チラシ

    

11月号は、周年祭と11月上映作品の紹介&時間を掲載(→上映スケジュール)。

●学生アルバイトのTさんが企画したティモシー・シャラメ特集、オールナイト「シャラメと夜ふかし」

●藤井道人監督ファンの集いである新潟藤井組が企画した、「宇宙でいちばんあかるい屋根」上映&イベント

●アンコール上映「凧ノ国」をはじめ、分野を超えて縦横に結ぶ多彩な作品を集めた梨本諦嗚監督特集

●演劇・音楽・映画の“場”を運営する3人が新型ウイルス禍の新潟の文化を語るシンポジウム「SAVE THE NIIGATA CULTURE」

●話題作「れいわ一揆」を中心とした原一男監督特集

●毎年恒例「にいがたインディーズムービーフェスティバル」は、会場上映&オンライン上映「Vol.24 extra edition2020」とカタチを変えて開催

●このほかにも個性的な注目作品、続々上映!

   

※シネ・ウインドの新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスクの着用をお願いします。現在、座席の制限はありませんが、鑑賞時の食事(お菓子・軽食含む)は禁止しています(水分補給のための飲料はOK)。

11月号の特集1は「新型ウイルス禍の日々」。「新型ウイルス禍でどう大変だったか」「どのような工夫をして、現在過ごしているか」をテーマに、月刊ウインド編集部で座談会をし、立場・環境の異なる皆さんによる寄稿と、「新型ウイルス禍の出来事一覧」「コラム 自粛明けの一本」「コラム 自主映画のカメラは回る」をあわせて。

特集2は「ぶらばすチケットで ぶらっと女子旅」。写真多めのバス旅レポートです。

シネ・ウインドの臨時休館を振り返ったページや、今とこれからをじっくり話し合った会員総会(9/8)の報告と運営部紹介、「ウインドの成り立ち」、井上支配人による「新年度の方針」も、ぜひご一読ください。

人数制限をしていた時の場内の様子(6月頃) 
「間隔を空けてお並びください」マーク(床)
上映時の注意喚起テロップ

他にも来館レポートや、「ライブラリー部代表 石附誠インタビュー」、「久志田のひとりブラウインド東京潜入編」、「(仮想)みずとつちの芸術祭に寄せて」、「JACROW #29『闇の将軍』シリーズ 作・演出 中村ノブアキインタビュー」(11/13・14新潟公演)、劇団第二黎明期公演・劇団@nDANTE公演の感想など、盛りだくさん。BOOKページは『悔しみノート』。

JACROW #29「闇の将軍」リーズ 作・演出 中村ノブアキさん(新潟公演は11/13・14 りゅーとぴあ・能楽堂にて)

「猫と暮らして」は2017年の坂口安吾生誕祭111で舞台「戦争と一人の女」の構成・演出をした劇作家の上田晃之さん(Webサイトでもご覧いただけます)。新潟愛にあふれる、ちひろBLUES「新潟愛、かましたいの」、産業・心理カウンセラーによる「映画喜怒哀楽」。大阪の天満天神繁昌亭支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中!

現在進行形の「新型ウイルス禍」を2020年秋の時点で振り返った記録でもある月刊ウインド11月号。じっくりお読みいただければ幸いです。感想お待ちしています。

なお、12月号からまた総16ページに戻ります。

   

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店、BOOKS f3で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

    

《もくじ》

P. 1 35周年祭のススメ もくじ

P.2 スケジュール表 料金表 

P.3~10 シネ・ウインド インフォメーション

「れいこいるか」「マーティン・エデン」「プラネティスト」「ハニーランド 永遠の谷」《ミシェル・ルグランとヌーヴェルヴァーグの監督たち「シェルブールの雨傘」「ロシュフォールの恋人たち」「女は女である」「女と男のいる舗道」》「宇宙でいちばんあかるい屋根」「凧ノ国」「タイトル、拒絶」「ドロステのはてで僕ら」「燕 Yan」「横須賀綺譚」《ティモシー・シャラメ特集「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」「マイ・ビューティフル・デイズ」「ホット・サマー・ナイツ」》「はりぼて」《シンポジウムSAVE THE NIIGATA CULTURE》「zk/頭脳警察50 未来への鼓動」「ブリング・ミー・ホーム 尋ね人」、35周年祭・12月のイベント情報

P.14~15 事務局通信

P.16~17 臨時休館と、その後を振り返る

P.18~21 シネ・ウインド 会員総会報告・運営部紹介

P.22   

シネ・ウインドの成り立ち

新年度の目標 36期に向けて

P.23 イベント報告

*「SKIN/スキン」リモートトークイベント 荒井晴彦監督、森達也監督、白石和彌監督、井上淳一監督

*「東京の恋人」リモート舞台挨拶 下社敦郎監督 

映画とともに 映画をたずねて三十里

P.24~33 特集1 新型ウイルス禍の日々

*月刊ウインド編集部座談会 *出来事

*コラム 自粛明けの一本

*コラム 自主映画のカメラは回る

*新型ウイルス禍 それぞれの日々

P.34~37 特集2 ぶらばすチケットでぶらっと女子旅

P.38~39 

シネ・ウインド「ライブラリー部」代表 石附誠 インタビュー

P.40~42 ウインド あ・ら・かると

*久志田のひとりブラウインド東京潜入編

*(仮想)みずとつちの芸術祭

*イケメン偉人官能絵巻を見てきました

P.43   

BOOK 『悔しみノート』

演劇 *劇団第二黎明期公演 感想 *劇団@nDANTE公演 感想

P.44   

演劇 JACROW #29「闇の将軍」シリーズ 作・演出 中村ノブアキ インタビュー

あ・ら・かると *まんがタイムきらら展感想

P.45   

ピックアップレポート 

新潟愛、かましたいの 8 熊谷千尋〈ちひろBLUES〉

映画喜怒哀楽 11 かみむらちえこ

P.46   

どうしてこんなに映画なんだろう 90 えのきどいちろう

猫と暮らして 76

風猫句会 報告

P.47   

南の果てより愛をこめて 381 恩田雅和

声風―SEIFU― 

P.48 拡大編集後記

    

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。

(月刊ウインド編集部 市川)