月刊ウインド2021年12月号(435号)

月刊ウインド編集部

表紙は、「ドライブ・マイ・カー」で第74回カンヌ国際映画祭脚本賞などを受賞した濱口竜介監督による、“偶然”をテーマにした3つの短編からなるオムニバス映画「偶然と想像」(12/18~1/7上映 ※火曜・12/31・1/1休館)。軽快な物語の始まり、日常の対話から一転、鳥肌が立つような緊張感とともに引き出される人間の本性、切り取られる人生の一瞬…。驚きと戸惑いの映画体験が、いま始まる―。第71回ベルリン国際映画祭にて銀熊賞(審査員グランプリ)受賞。

12月の上映作品の紹介&時間を掲載。(→上映スケジュール)

※新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※シネ・ウインドは全席「座席指定制」、火曜定休です(12/7は特別開館)

※劇場受付と公式サイトで上映の13日前より「座席指定チケット」を販売しています。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

   

特集は「W座を訪ねて 信濃八太郎」。

2020年11月に、全国のミニシアターを紹介する番組、WOWOW「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」でシネ・ウインドに取材にいらしたイラストレーターの信濃八太郎さん。番組をご覧になった方も多いことでしょう。現在、劇場受付の後ろに信濃さんが描いたシネ・ウインドの外観図を展示しています。その作品でポストカードや36周年祭のポスター・チラシを作らせていただくやり取りの中で、信濃さんよりお寄せいただいたエッセイを誌面でご紹介。お人柄の伝わるあたたかい文章です。

信濃さんのWOWOWnoteもぜひご覧ください → https://note.wowow.co.jp/n/nb9216f54f228

「W座を訪ねて~信濃八太郎が行く~」

他に、読者投稿「『BILLIE ビリー』と『サマー・オブ・ソウル』」、舞台や展覧会の感想など盛りだくさん。

画家・長沢明さんの隔月連載「番外写生」第5回は「孤高のヒーロー」。「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は「『ベルモンド傑作選2』の音楽に注目!」。

人気連載「猫と暮らして」は特別編「鳩と暮らして」その1(Webサイトにて、カラーでご覧いただけます)。

大阪の天満天神繁昌亭初代支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中(12/4来館決定!!)。

   

◎新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります◎

   

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

   

《もくじ》

P.1 スケジュール表 料金表 もくじ

P.2~5 シネ・ウインド インフォメーション

「森の学校」「とむらい師たち」《映画配給会社特集 第1弾 太秦「スザンヌ、16歳」「カウラは忘れない」「夕霧花園」》「クー!キン・ザ・ザ」「ヴィタリナ」《ジャン=ポール・ベルモンド傑作選2「リオの男」「カトマンズの男」「相続人」「エースの中のエース」「アマゾンの男」》《映画配給会社特集 第2弾 チャイルド・フィルム「ベルヴィル・ランデブー」「川本喜八郎監督特集」「岡本忠成監督特集」》「ちょっと北朝鮮まで行ってくるけん。」《連続講座 現代アートハウス入門》「スウィート・シング」「偶然と想像」「幕が下りたら会いましょう」《沖縄ドキュメンタリー映画特集「生きろ-戦中最後の沖縄県知事」「夜明け前のうた 消された沖縄の障害者」「サンマデモクラシー」「オキナワサントス」》

P.6 事務局通信

P.7 

番外写生 5 長沢 明

あちらこちら安吾 *坂口安吾生誕祭レポート

P.8   

ウインド あ・ら・かると 投稿「BILLIE ビリー」と「サマー・オブ・ソウル」

P.9~10 

特集 W座を訪ねて 信濃八太郎

P.11   

サウンドトラック隊の映画音楽講座 116 島田幸市

演劇 *「A  JOURNEY」を観て

P.12   

どうしてこんなに映画なんだろう 103 えのきどいちろう

猫と暮らして 特別編 鳩と暮らして その1

あ・ら・かると *「福富太郎」展 感想

P.13   

南の果てより愛をこめて 394 恩田雅和

声風―SEIFU― 編集後記

   

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。

(月刊ウインド編集部 市川)