特別編 犬と暮らして 「新しい家族がやってきた」

月刊ウインド編集部
モカが、わが家にやってきた!

モカと出会ったのは、かれこれ20年前になりますね。近所の知り合いの方から8匹のミニチュアダックスフンドが生まれたと聞きました。子どもにしか目が向かず、子どもを叱りつけることしかできない自分を変えるため、犬を飼おうと思いたち、早速譲ってくれるようお願いしました。ところが、すべて飼い主が決まっていたのです。数日たったある日、唯一のメスが戻ってきたと連絡をもらい、わが家の一員になりました。

わが家に来た当初、モカは母親の匂いのついたタオルを嗅ぎながら、毎日寂しそうに鳴いていました。それを見て、全員でモカを家族の一員として育てようと決めました。

共働きで、子どもは通学があり、毎日朝から夕方までモカだけで留守番です。家族の誰かが帰ってくると飛び跳ねて玄関までお出迎えしてくれて、疲れが吹っ飛んだことを思い出します。

散歩好きで足が速かったのですが、友達作りの表現が下手で、吠えながら近寄っていくので、なかなか友達はできませんでした。でも近所の方からは、「モカちゃん、モカちゃん」と可愛がってもらいましたね。やっぱり、可愛がってくれる人はわかるんですね。

わんぱくな毎日がひやひやだったことも、今は懐かしいです。    

(辰口 晃〈1〉)

おいしそう! 何食べてるの?

※月刊ウインド2022年8月号掲載

■月刊ウインドの人気連載、2回ずつで書き手が変わるリレーコラムです。ウチの猫、ウチの犬のことが書きたい!という方は、月刊ウインド編集部までご連絡ください。

 

※シネ・ウインド来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※全席「座席指定制」、火曜休館

※劇場受付と公式サイトで上映の13日前より「座席指定チケット」を販売しています。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

 

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店で販売。ネットショップより発送も承ります。

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

 

★会員、常時募集中!  (入会案内→こちら

「新潟・市民映画館シネ・ウインド」は、1985年12月に開館した、市民がつくり市民が運営する映画館。入場料収入や年会費で成り立つ民間団体です。会員が増えれば運営が安定し、より活発な活動を進めることができます。これからもシネ・ウインドがずっと続くよう、入会、会員継続、クチコミ宣伝等、ご支援をお願いします。

 

★「シネ・ウインド明日のため募金2022~対新型ウイルスプロジェクト~」にご協力くださいhttps://ashitano2022.cinewind.com/