テロルンとルンルン

12/12 ~ 12/18

実家のガレージに引きこもっている青年・類。 ある日聴覚に障害を持つ高校生・瑠海と窓を隔てて出会う。 窓越しに交流を深めていくが、社会と学校から孤立している二人の境遇が彼らの静かな時間を狂わせていく...

〈ソビエト時代のタルコフスキー〉惑星ソラリス

12/12 ~ 12/18

世界SF映画史上に金字塔を打ち立てた作品。 海と雲に覆われ、生物が確認されていない惑星ソラリスの海は理性を持つと科学者は考え、海と接触しようと試みるが失敗。宇宙ステーションは混乱に陥り、地上との交信...

〈ソビエト時代のタルコフスキー〉鏡

12/12 ~ 12/18

タルコフスキーの自伝的要素の濃い作品。 過去と現在の交差から〈私〉の記憶が蘇る。家族の許から去った父。母の職場の同僚の死。第二次世界大戦、文化大革命、中ソ国境紛争など、激動の世界情勢を通し、心情風景...

〈ソビエト時代のタルコフスキー〉ストーカー

12/12 ~ 12/18

隕石でも落ちたのか大地に突然現れた空間ゾーン。〈願掛けの部屋〉があると言われ、ストーカーと呼ばれる三人の案内人の男がいる。雨、水、火などを駆使して規制の多い当時のソビエト社会暗喩と、そこに生きる人々の...

〈生誕100年 フェリーニ特集〉道

12/13 ~ 12/25

死んだ姉の代わりに、旅芸人ザンパノのパートナーとしてわずかな金額で買い取られたジェルソミーナ。度重なる暴力やサーカス団の男との出会いや別れを経験しつつもザンパノと行動を共にするジェルソミーナだったが、...

〈生誕100年 フェリーニ特集〉甘い生活

12/14 ~ 12/20

ゴシップ紙の記者マルチェッロの目を通し、1950年代後半のローマを我が物顔で闊歩する上流階級、カトリック教会、知識人、芸能人たちの退廃的な生活を絢爛に描く。ヘリコプターに吊り下げられたキリスト像が上空...

〈生誕100年 フェリーニ特集〉8 1/2

12/15 ~ 12/21

映画監督のグイドは、新作の構想を練るため温泉地へとやってくるが、一向に作業がはかどらない。次第に彼は過去と現在、現実と幻想の垣根を飛び越えていき…。盟友マストロヤンニがフェリーニ自身を思わせるグイドに...

〈生誕100年 フェリーニ特集〉魂のジュリエッタ

12/16 ~ 12/22

15 回目の結婚記念日を迎えたものの、夫の浮気に悩まされ、満たされない日々を送る平凡な主婦ジュリエッタ。ある占い師との出会いをきっかけに彼女の意識は日常生活から解放され、夢と現実を行き来するようになる...

ようこそ映画音響の世界へ

12/19 ~ 1/8
12/31と1/1は休館

ジョージ・ルーカス、スティーヴン・スピルバーグ、ソフィア・コッポラ、デヴィッド・リンチ、ライアン・クーグラー、アン・リー、クリストファー・ノーランといった著名で独創的な監督たちや、『スター・ウォーズ』...