月刊ウインド2021年10月号(433号)

月刊ウインド編集部

表紙は、「TOVE/トーベ」(10/30~11/12上映 ※火曜休館)。世界中で愛される「ムーミン」の創作秘話と、自由を愛した作者トーベ・ヤンソンの半生を描いた、情熱の物語。

10月の上映作品の紹介&時間を掲載。(→上映スケジュール)

※新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※シネ・ウインドは全席「座席指定制」、火曜定休です 

※劇場受付と公式サイトで上映の13日前より「座席指定チケット」を販売しています。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

   

特集は「読書の秋 最近私が読んだ本」。

本好きなウインド会員 総勢14名による、“最近読んでおもしろかった本”。

ミステリーにSF、小説に評論、インタビュー、絵本に漫画と、多彩なオススメ本が集まりました。秋の夜長の友選びに、お役立てください。

右上:大崎章監督 左上:西山小雨さん
左下:今田哲史監督 中央下:SPOTTED 直井卓俊さん
「蟻の兵隊」池谷薫監督
「シュシュシュの娘(こ)」入江悠監督

他に、来館レポートやイベントの報告、11月に開催する36周年祭の速報、展覧会の感想など盛りだくさん。

画家・長沢明さんの隔月連載「番外写生」第4回は「夕陽と雨雲レーダー」。「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は「夏の邦画では若手アーティストが競演」。

人気連載「猫と暮らして」は舞踊家の堀川久子さんに原稿を寄せていただきました(Webサイトにて、カラーでご覧いただけます)。

大阪の天満天神繁昌亭初代支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中!

◎新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります◎

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

  

《もくじ》

P.1 スケジュール表 料金表 もくじ

P.2~5 シネ・ウインド インフォメーション

「ココ・シャネル 時代と闘った女」「王の願い ハングルの始まり」「へんしんっ!」「レンブラントは誰の手に」「逃げた女」「ファンタスティック・プラネット」《ジム・ジャームッシュ レトロスペクティブ2021(8作品)》「デニス・ホー ビカミング・ザ・ソング」「モロッコ、彼女たちの朝」「ブラックバード 家族が家族であるうちに」「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ 4K完全無修正版」「リル・バック ストリートから世界へ」「83歳のやさしいスパイ」「TOVE/トーベ」「狼煙が呼ぶ」「破壊の日」「全員切腹」

P.6 事務局通信

P.7 36周年祭情報

来館レポート *「蟻の兵隊」池谷薫監督

イベント報告

*MOOSIC LAB招待作品リモートトーク

*上映企画部8月のミニトーク

*「すずしい木陰」監督リモートトーク

P.8   

番外写生 4 長沢 明

来館レポート *「シュシュシュの娘」入江悠監督

P.9~10 

特集 読書の秋 最近私が読んだ本

あ・ら・かると *井田英夫遺作展2 感想

P.11   

サウンドトラック隊の映画音楽講座 115 島田幸市

あ・ら・かると *桜井進一写真展 感想 *ミーヨン写真展 感想

P.12   

どうしてこんなに映画なんだろう 101 えのきどいちろう

リレー連載 猫と暮らして その81

映画とともに 映画「Wakka(水)」

P.13   

南の果てより愛をこめて 392 恩田雅和

声風―SEIFU― 編集後記

  

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。

(月刊ウインド編集部 市川)