「袴田巖 夢の間の世の中」公開初日の7/23(土)、本作の金聖雄監督が来館。上映後の舞台あいさつをおこないました。金監督の新潟入りは前作である「SAYAMA みえない手錠をはずすまで」新潟公開時ですが、その際は上映会でのご来県でした。シネ・ウインド上映時の来館は「花はんめ」以来、もう10年ぶりくらいだと思います。久しぶりのご来館にスタッフも喜んでいました。
周防 金 監督対談 €€10-10-2013 308
金聖雄監督

舞台あいさつでは袴田巖さんの近況のほか、1年間の袴田さんの変化やお姉さんの秀子さんの事、映画を観れば気になる将棋対局や食事シーンの秘密など、金監督は聴く人を引き付けるとても魅力的な語り口で教えてくれました。お越しになったお客様も袴田事件や冤罪に関心をお持ちの方が多かったようで、舞台あいさつ後のサイン会でも個人的に監督に質問されている姿が印象的でした。

image1 image2

映画「袴田巖 夢の間の世の中」は7/29(金)まで、毎日14:50からの上映です。ご来館お待ちしています!