5/4(土)からイラン映画「駆ける少年」を上映します。ナデリ監督はこんな感じの方です(「駆ける少年」パンフレットより)。昔の画像ではあります。

演出中のナデリ

 

1月の東京公開時には毎日劇場に来ているということを聞き、出張にあわせ私も上映劇場のオーディトリウム渋谷に行ったのです。案の定、ナデリ監督は受付にいらっしゃいました。

その時の印象はなかなか強烈で、
●受付の脇で自らパンフレットを売っていた

●パンフ代を払う前に、目の前で表紙にサインをし握手してくれた(買わざるを得ない)

●上映後にはひたすら付箋を配りメッセージを促していた

●映画の感想を伝えたつもりだが、本当に聴いていたのかよく分からない
何というか「不思議の国のアリス」のうさぎみたいというか、すごく面白い方だったという記憶です。

そんなアミール・ナデリ監督、新潟にやってきます! 私も「春に新潟でもお世話になります」とは伝えましたが、ご本人が来るなんて信じられませんでした。でもせっかく来ていただけるのですからたくさんのお客様と一緒にお迎えしたいと思っています。

「駆ける少年」アミール・ナデリ監督舞台あいさつ付上映は「5/5(日) 10:30から」です。上映後にナデリ監督のごあいさつ。当日はペルシャ語の通訳さんをお願いしました。生でペルシャ語を聴く機会もなかなか無いでしょう。連休真っ只中ですが「こどもの日」です。できたらお子様連れでお越しください。

井上
08