やや煽るようなタイトルですがもちろん惹句です。穏やかなトークで多くのお客様が熱心に耳を傾けていました。

2/13(土)公開の映画『日本と原発 4年後』初日の上映後、新潟県内で「市民の、市民による、市民のための発電所」づくりの活動をしている団体=おらって にいがた市民エネルギー協議会(以下、おらって)さんによるトークイベントが開かれました。登壇したのは「おらって」代表理事の佐々木寛さん、共に運営委員を務める橋本桂子さん&野口耕作さんの3名。当日の午後にシンポジウムを開いていたという皆さんだけあり、エネルギー供給に関する現状と課題そして「おらって」の活動と今後の展望など、短い時間の中で必要かつ十分な情報を分かりやすく話してくれました。

ファイル 2016-02-14 2 57 10

左から、佐々木さん、橋本さん、野口さんです。

 

特に市民みずからの行動力や地元の非営利活動に対する金融機関の理解など、新潟市民や関連団体の動きについて「おらって」スタッフが述べるあたりは、いわば静かなる咆哮とも言える心に熱く届く内容といえるでしょう。未来に生きる人びと、子どもたちのために今何をすべきか。「おらって」スタッフの志に個人としてちょっと感動しました。お忙しいところご協力いただいた「おらって」の皆さんに感謝いたします。

ファイル 2016-02-14 2 57 32

映画『日本と原発 4年後』は2/19(金)まで、毎日17:05からの上映です。お待ちしています!

日本と原発メイン

映画『日本と原発 4年後』より

おらって にいがた市民エネルギー協議会 公式サイト http://www.oratte.org/