今週の月刊ウインド編集部は、3月号、4月号のための取材がたくさんありました。

まずは、2/10(月)。

りゅーとぴあ発 物語の女たちシリーズ7 有吉佐和子「紀ノ川」~花との再会~

(公演日 5/9・10 会場 りゅーとぴあ・能楽堂)、

出演の司葉子さんにお会いしました。

201402取材 009b

1966年、映画「紀ノ川」で主人公・花を演じた司葉子さんは、その年の7つの演技賞を独占。

40数年の時を経て、花と再会した司さんは、どんな舞台を見せてくれるのでしょう。

映画の思い出も交え、舞台への期待や新潟のことなど、たくさんお話してくださいました。

 

続いて本日、2/14(金)は2ヵ所。

1つは、新潟市美術館「ニイガタ・クリエーション 美術館は生きている」展 (会期:2/15~3/30) 開場式。

201402取材 013

201402取材 031

参加しているのは、新潟に生まれ、国内外で活躍している作家―丸山直文、阪田清子、冨井大裕、そして、Noism。

塩田館長は、「アーティストの皆さんからクリエイティブな提案をいただいた。なんとか実現にこぎつけた。かつてない展示になった」と話されました。

テープカットの後で内覧した会場は、確かにいつもとはずいぶん雰囲気が違い、作家の提案を活かした美術館の英断が嬉しくなりました。

どんな展示かは、ここでは詳しく書きません。見てのお楽しみ。リピーターが続出するだろうことは疑いありません。

※ちょっとだけ書いちゃうと、なんと《Nois(roo)m》(ノイズルーム)があるんですよ~。

Noismファンはもちろん、舞台を見たことがない人も楽しめる内容です。

 

本日2つめは、シネ・ウインドのご近所、BP2の新潟市マンガ・アニメ情報館で、

「エヴァンゲリオン展」 (会期:2/15~4/20) の内覧会。

201402取材 040

201402取材 052b

大ヒットアニメ「エヴァンゲリオン」の魅力を解き明かそうという展示は、初公開の生原画や大量の資料で、どっぷり“エヴァ”に浸かれます。(C)カラー

展覧会限定オリジナルグッズの販売も楽しみだし、「エヴァンゲリオン展」新潟開催記念スタンプラリーや、BP 1Fには「EVA CAFE」が出現。 他にも、BP・BP2館内各店で展開されるコラボ企画がいっぱい!

 

ニイガタ・クリエーションの取材は3月号(3/1発行)、司葉子さんのインタビューとエヴァンゲリオン展の取材は月刊ウインド4月号(4/1発行)に記事を掲載します。

ご期待ください。

 

月刊ウインド編集部 市川明美