会員 Iさんの発案で昨年実施し、好評だった企画「やすらぎ堤 野草の花めぐり散歩」を、今年も実施しました(4/21)。

参加は7名。
Iさんの説明を聞きながら、ルーペでじっくり観察したり、写真を撮ったり、野草図鑑と見比べたり、スケッチしたり。

見つけた植物は、マンテマ、シロバナマンテマ、ノゲシ、オボロギク、ヒメオドリコソウ、オオイヌノフグリ、キュウリグサ、タンポポ、カラスノエンドウ、ミチバタタネツケバナ、タチイヌノフグリ、オランダミミナグサ、コメツブツメクサ、スイバ(スカンポ)、ナズナ、ホトケノザ、ハコベ、スミレ、など。

他にも、ツバキ、チューリップ、ユキヤナギ、満開の八重桜、名残りの染井吉野、めずらしい御衣黄桜も見ることができました。
昨年と実施時期が1ヵ月違ったので、見られる植物も違っていて、そんな発見も楽しい楽しい。

シネ・ウインドから八千代橋を渡り、やすらぎ堤左岸を歩いて、りゅーとぴあ近くの東屋で昼食の後、ゆっくり歩いて戻ってきました。
皆さんもぜひ、足元の小さな植物に注目してみてください。楽しいですよ。

(月刊ウインド編集部 市川明美)

※月刊ウインド6月号(6/1発行号)にも参加者による記事を掲載します。