11/7(土)から30周年祭が始まりました。これから27日まで3週間にわたり開催です。「ココだからできることを」お伝えしていきます。どうぞお楽しみに。

初日には「沖縄 うりずんの雨」のジャン・ユンカーマン監督が来館、舞台あいさつが行なわれました。本作は30周年祭の社会派ドキュメンタリー映画3本を上映する企画【民主主義をあるく】の1作品です。そして実は、ユンカーマン監督にとって本日2回目の舞台あいさつ、長野のお客様から歓待を受けてから高崎経由で新幹線にて新潟入り。しかも朝に東京を発たれ長野を経ての新潟と、かーなーりの強行軍。でもユンカーマン監督はとてもにこやかな表情でシネ・ウインドに到着、その笑顔のままで舞台あいさつとなりました。

沖縄うりずんの雨sub1
「沖縄 うりずんの雨」より

シネ・ウインドの沖縄担当?スタッフの松井まゆみさんの見事な進行にも助けられ、30分はあっという間に過ぎました。いま現在の沖縄が抱える問題や映画を観て気づいたことなど、お客様からの質問や感想にも本当にていねいにお応えする監督の姿が印象的でした。またパンフレットをお買い求めのお客様ともお一人ずつ長く話をされ、今日の「沖縄 うりずんの雨」をご覧になった方はきっと満足されたことと思います。

お客様がお帰りになった後に時間もおかず新潟駅に向かわれたユンカーマン監督。明日の午後には成田空港からアメリカに向かうとのこと! これから3週間の周年祭のスタートにふさわしいイベントとなりました。ユンカーマン監督、ありがとうございました!

ファイル 2015-11-07 22 55 30

「沖縄 うりずんの雨」を含む30周年祭情報はコチラをご覧ください。皆様のお越しをお待ちしています!