想田和弘監督の『演劇1』『演劇2』が公開された頃から、或るアイディアがありました。

いつか観察映画全作をまとめて上映してみたい!

ナレーションもテロップも無い想田監督独特のダイレクトシネマ=観察映画。これをまとめて観れば「観察映画の新たな共通点やつながりなどが発見できるのでは」と考えたためです。そして今回、新作『牡蠣工場』4月新潟公開の広報も兼ね念願の企画を行なうことにいたしました。名付けて

想田和弘 観察映画大全

そして初日となった2/21(日)には想田監督にも来館していただけることになったのです。

当日の上映作品は観察映画番外編である『Peace』。結果的にこの日は新作『牡蠣工場』の東京公開二日目というタイミングになり、特集上映の初日としても『牡蠣工場』キャンペーンとしても最高のタイミングでの想田監督来館となりました。21日当日もイメージフォーラムさんでの舞台あいさつを終えてからというタイトなスケジュールでした。

ファイル 2016-02-17 11 27 05

特集上映直前に発行された雑誌「AERA」の表紙も想田監督!

日曜夜というナカナカ難しい上映時間となったにも関わらず、当日は多くのお客様が来館。映画上映と想田監督のトークを楽しまれました。トーク後のサイン会にもたくさんの方が残り、各作品のパンフレットや想田監督の著作物にサインをもらっていました。想田監督によると、今回のような観察映画全作品の上映は日本初とのこと。喜んでいる想田監督の姿に接し、私たちもとても嬉しい気分になったのです。

ファイル 2016-02-24 20 26 43

進行役はシネ・ウインドボランティアスタッフの松井さんにお願いしました。

翌22日(月)には『牡蠣工場』のキャンペーンでラジオ・雑誌・新聞の取材。午前中から夕方におよぶ長時間の取材となりましたが、どの媒体にもていねいに応じてくれる想田監督でした。新作の公開直後であり、舞台あいさつや数々の取材とお疲れのことだったと思いますが、精力的にインタビューに応じてくださった監督に感謝します。
ファイル 2016-02-24 21 05 20

新潟のFM局「FM PORT」スタジオにて

想田和弘 観察映画大全】は3/4(金)まで!新作『牡蠣工場』は4/9(土)~4/22(金)の公開です!

DSC_0400 DSC_0401

お楽しみに!