今年で4回目を迎えるニイガタ・フットボール映画祭。今回は悩んだ末、サッカードキュメンタリーではなく映画ファンがサッカーに関心を持ってもらえるような作品2本を選びました。1969年公開で全編長岡ロケを敢行した「栄光の黒豹」と、吉原基貴・作画によるサッカー漫画を、劇中に登場する「ジェム市原」のモデルでもある「ジェフユナイテッド市原・千葉」の25周年記念として映画化した「U-31」の2作品です。

そしてこのたび、「栄光の黒豹」に出演した目黒祐樹さんにお会いする機会をいただき、長岡アジア映画祭!スタッフの菅野さんと共におうかがいしてまいりました。

15943439_1517188074962307_138177867_o

私は待ち合わせ場所である渋谷駅前の喫茶店に15分ほど前に着いたのですが、既に目黒さんは到着。やはり早めに着いていた菅野さんと談笑されていました。数々の映画や芝居に出演されているベテラン俳優ながら、ずっと年少で新潟で何とか映画上映に関わっている者(しかも少しテンパっている)である私たちに対し物腰柔らかに接してくださる目黒さん。その穏やかなお人柄に私たちはすぐに魅了されたのです。

御父様の近衛十四郎さんや長岡の思い出などをお聞きしてから、シネ・ウインド来場者向けのメッセージムービーを撮影。映画撮影時のエピソードや長岡のお話も要所を本当に選んで語っていただき素敵でしたが、白眉はシネ・ウインドのお客様に向けたコメントだったと思います。この映像は近日中に本編上映前の予告編としてお届けする予定です。

15942808_1517187891628992_1770967890_o
「栄光の黒豹」ポスターをバックに

目黒さん、本当にありがとうございました!

目黒さんと森田健作さんの姿がスクリーンに映える長岡発サッカー映画「栄光の黒豹」は2/18(土)のニイガタ・フットボール映画祭で12:30から上映します。「U-31」の上映時間も含め、詳細は決定次第告知いたします。(井上)

「栄光の黒豹」公式ポスター