シネ・ウインド初期からの運営機関にサウンドトラック隊があります。代表の島田幸市さんは月刊ウインドでも映画音楽講座を連載中、なので会員の方はご存じの方も多いと思います。そして今回の30周年祭内の企画として、映像と音響にこだわった作品を集めた特集上映【SOUND&VISION】が開催されることもあり、ただいま劇場「書棚コーナー」にてLPレコードのジャケット展示を行なっています。現在は【SOUND&VISION】でロックライブ・ドキュメンタリーの金字塔的作品である「ストップ・メイキング・センス」が上映されるのを記念し、ロック・アーティストのライブ映画のサントラジャケットを5枚展示しています。

*注意:今回の「ストップ・メイキング・センス」は爆音上映ではございません。でもなるべく迫力ある音響を心がけてお届けいたします。

ファイル 2015-10-31 13 53 26

実際の展示風景です。

更に! 全5作品のタイトルを正解した方には抽選でプレゼントもあるとのこと。書棚コーナーに備え付けの回答用紙にご記入のうえ、書棚設置の回収箱に入れてください。現在の展示は11/14(土)まで。以降も新企画の展示を予定しています。

特集上映【SOUND&VISION】では、「ストップ・メイキング・センス」のほかにも「ハーダー・ゼイ・カム」「ニック・ケイブ 20,000デイズ・オン・アース」ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男」「さらば、愛の言葉よ(2D版)」を上映します。秋のシネ・ウインドで映像と音響の海に浸ってください。
SMS (510x800)

「ストップ・メイキング・センス」より