中国政府の圧政に対し非暴力の闘いを続けるチベットの人々をとらえたドキュメンタリー映画「ルンタ」。本作の池谷薫(いけや・かおる)監督がキャンペーンのため来館、いくつかの取材を精力的におこないました。焼身という形で圧制へ抗議する人や想像を絶する拷問に耐えてきたチベット人たちの姿を通し、チベット仏教の本質ともいえる慈悲や利他の精神の大切さを伝えてくれる力作です。

「ルンタ」公式サイト http://lung-ta.net/

池谷監督とシネ・ウインドとのお付き合いは長いです。監督第一作の「延安の娘」以来ですから、もう10年以上になります。また第二作「蟻の兵隊」は胎内市出身の中国帰還兵・奥村和一さんを取材したというご縁もあり、新潟はすっかりなじみのご様子でした。

今回の来館にあわせ、新潟で人権問題に深く関わっているアムネスティの方やチベットに関心を持つ人たちとも交流。9/19(土)の公開に向けて知己あらをあわせて上映広報に励んでまいります。

「ルンタ」新潟公開は9/19(土)~9/25(金)の1週間限定上映です。ご来館お待ちしています。

池谷監督(中央)とともに、新潟応援スタッフと記念撮影です。

11927312_892921187464162_1853707655_n