◆2017年5月6日(土) 18時30分開場、19時開演
シネ・ウインド会員1800円、一般2000円(当日券のみ。直接会場へお越しください。)

◆タイムテーブル
19:00~20:00『制服の俘虜』
休憩
20:10~21:10分『バクシーシ山下・発禁作品(仮)』
休憩後 トーク(22:00終了予定)

◆上映作品
釣崎清隆監督『制服の俘虜』
1994年、シネマジック在籍時に釣崎監督が制作した作品。戦時中の日本を舞台に繰り広げられる残酷と官能、軍靴が奏でる昭和ハイパーロマン!

バクシ-シ山下監督『バクシーシ山下・発禁作品(仮)』
2015年末、渋谷アップリンクで突如解禁された問題作品。新潟初上映。軍靴が奏でる平成ハイパーロマン!

◆ゲスト 釣崎清隆

富山県生まれ。慶應義塾大学文学部卒。AV監督を経て死体写真家としての活動を開始。タイ、コロンビア、ロシア、メキシコ、パレスチナなど世界各国の犯罪現場、紛争地域で取材を行なってきた。映像作家、文筆家としても活動中。著書に『死体に目が眩んで』『死者の書』、映画監督作品に『死化粧師オロスコ』『ジャンクフィルム』『ウェイストランド』がある。2017年3月、2年に渡る原発作業員生活を綴った『原子力戦争の犬たち/福島第一原発戦記』を出版。