4/11(土)公開の「千年の一滴 だし しょうゆ」、シネ・ウインドとしては異例の5週上映です。多くの食材に恵まれた新潟という地域の映画館として食に関連する映画、特に和食の根本である「だし」「しょうゆ」を描いたこの映画を、じっくりしっかり新潟の老若男女に伝えたいという思いの表れです。そこで上映にあわせ柴田昌平監督にお越しいただくことに加え、実際に本来のだしを楽しもうというイベントを企画しました。

千年の一滴main

【だしを引き、 想いを醸し、枯れた人生をうるおそう】

「千年の一滴 だし しょうゆ」を観た後に、柴田監督たちと一緒にだしを引き、それを味わいながら語り合いましょう。

日時:4/11(土)、4/12(日)  両日12:30~14:00

対象:4/11(土)または4/12(日)の「千年の一滴 だし しょうゆ」10:00の回ご鑑賞の先着各20名

会場:新潟市総合福祉会館(シネ・ウインドから歩いて移動します)

料金:300円(材料費などに充てます)

この映画を観れば、きっと今以上に料理に関心を持つようになるでしょう。まずは映画を観て、監督と一緒にだしを味わいながら語り合いませんか。

「千年の一滴 だし しょうゆ」公式サイト http://www.asia-documentary.com/dashi_shoyu/