シネ・ウインド33周年祭は11/17~11/25に開催されますが、そのプレイベントとして、10/27(土)に、コミュニティシネマにいがた×三線サークルゆんたく 特別上映会「カタブイ―沖縄に生きる―」が開催されます。

沖縄から遠く離れたここ新潟にも、沖縄好きを自認する人がたくさんいます。
なぜ「沖縄」に惹かれるのか。
2003年に移住して沖縄に暮らしているスイス人、ダニエル・ロペス監督が綴る「沖縄の魅力」。
音楽・空手・琉球舞踊・町おこし…様々な角度から見えてくる、「沖縄のアイデンティティ」。

ぜひご来場ください。

●カタブイ=片降い。ここは晴れているのに少し先は土砂降りというような、沖縄独特の気候現象をさす。沖縄の抱える矛盾、悲しい歴史と、人々の明るさなどの対比を象徴し、雨の後には虹が出るという前向きな意味合いも込められたタイトルとのこと。

**********************************

日時:2018年10月27日(土)14時~
上映後、トーク&三線ミニライブあり(16時終了予定)
会場:クロスパルにいがた 4階映像ホール(新潟市中央区礎町通3ノ町2086)
料金:前売 1000円 ★シネ・ウインドで販売中!
当日 1300円
問:contact@34yuntaku.com

主催:三線サークルゆんたく http://yuntaku.la.coocan.jp/?p=2137
協力:コミュニティシネマにいがた、新潟・市民映画館シネ・ウインド

●「カタブイ―沖縄に生きる―」 https://kukuruvision.com/katabui/
2016年/スイス・日本/1時間20分
監督:ダニエル・ロペス