月刊ウインド2022年4月号(439号)

月刊ウインド編集部

表紙は、広島の音楽ユニット“深夜兄弟”が主演した「犬ころたちの唄」(4/23~29上映 ※火曜休館)。深夜兄弟が「もし本当に兄弟だったら?」–。実在する人たち・風景と交流する、“どこにでもあるようなここにしかない”物語。俳優としても活動する前田多美監督の長編第2作。4/23・24監督来館、トークあり!

4月の上映作品の紹介&時間を掲載。(→上映スケジュール)

※新型ウイルス感染症対策については公式サイトをご覧ください。

※ご来場の際はマスク着用の上、食事(軽食・菓子含む)はご遠慮ください

※シネ・ウインドは全席「座席指定制」、火曜休館(5/3は特別開館)

※劇場受付と公式サイトで上映の13日前より「座席指定チケット」を販売しています。受付混雑緩和のため、事前購入と早めの来場にご協力ください

特集は、「にいがた市民大学特別講座 にいがた文化の音霊『劇場専属舞踊団・Noism Company Niigataの挑戦』採録」。

Noismのこれまで、新潟から世界へ向けての発信、そして未来への希望など、Noism芸術監督・金森穣さんのお話を、聞き手を務めた編集部・久志田が採録しました(講座は2/2 会場:りゅーとぴあ・能楽堂)。

※誌面では割愛した部分がたくさんあります。全文がNoismのファン組織「Noism Supporters Unofficial」のホームページに掲載されていますので、あわせてご覧ください(こちら)。

「CHAINチェイン」福岡芳穂監督(左)と塩顕治さん(斎藤一役) 2/12
「私は白鳥」澤江弘一さん(左)と槇谷茂博監督 2/19
「片袖の魚」 右上:東海林毅監督 右下:広畑りかさん 左下:イシヅカユウさん 2/19

他に、「CHAINチェイン」福岡監督&塩さん来館、「私は白鳥」オンライントーク、「片袖の魚」オンライントークなどのレポート、会員アンケート報告など、盛りだくさん。

 

4/2(土)からスタートする〈ペア50割引〉と、そのきっかけとなった「新潟市パートナーシップ宣誓制度」についての記事も、ぜひお読みください。

〈映画とともに〉は「岩波ホールと青梅シネマネコ」、隔月連載「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は「ヴィム・ヴェンダース レトロスペクティブ」。人気連載「猫と暮らして」は特別編「鳥と暮らして」」(Webサイトにて、カラーでご覧いただけます)。大阪の天満天神繁昌亭初代支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストえのきどいちろう「どうしてこんなに映画なんだろう」好評連載中!

 

◎新型ウイルス感染症の影響により、掲載内容に変更が生じる場合があります◎

 

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内は こちら

★月刊ウインドは、シネ・ウインド及び新潟市内の紀伊國屋書店、北書店、ジュンク堂書店、コンチェルト、ヒッコリースリートラベラーズ、ミュージアムショップ ルルル、情報工房DOC万代メディアシップ店で販売。ネットショップより発送も承ります!! 

 

《もくじ》

P.1 スケジュール表 料金表 もくじ

P.2~5 シネ・ウインド インフォメーション

《そしてキアロスタミはつづく 7作品》《没後40年 セロニアス・モンクの世界「モンク」「モンク・イン・ヨーロッパ」》「パーフェクト・ノーマル・ファミリー」「ただ悪より救いたまえ」「エッシャー通りの赤いポスト」《ゴールデン街ホラーズ&村田らむの怖い話》《ルネ・クレール レトロスペクティブ「巴里の屋根の下」「ル・ミリオン」「自由を我等に」「巴里祭」「リラの門」》「春原さんのうた」「声もなく」「白い牛のバラッド」《映画を見て、ミャンマーを知るVol.2「白骨街道 ACT1」「僕の帰る場所」》「犬ころたちの唄」「夕方のおともだち」「ボストン市庁舎」「ぼけますから、よろしくお願いします。~おかえり お母さん~」

P.6 事務局通信

P.7 

来館レポート *「CHAINチェイン」福岡監督&塩さん

イベント報告 *「私は白鳥」オンライントーク *「片袖の魚」オンライントーク

P.8   

「新潟市パートナーシップ宣誓制度」

映画とともに *岩波ホールと青梅シネマネコ

9~10 

特集 にいがた市民大学特別講座 にいがた文化の音霊「劇場専属舞踊団・Noism Company Niigataの挑戦」採録

あ・ら・かると 南国高知の安吾

P.11   

サウンドトラック隊の映画音楽講座 118 島田幸市

会員アンケート2021 報告 その2

P.12 

どうしてこんなに映画なんだろう 107 えのきどいちろう

猫と暮らして 特別編 鳥と暮らして その1

P.13   

南の果てより愛をこめて 398 恩田雅和

声風―SEIFU― 編集後記

 

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。

(月刊ウインド編集部 市川)

★会員、常時募集中!  (入会案内→こちら

「新潟・市民映画館シネ・ウインド」は、1985年12月に開館した、市民がつくり市民が運営する映画館。入場料収入や年会費で成り立つ民間団体です。会員が増えれば運営が安定し、より活発な活動を進めることができます。これからもシネ・ウインドがずっと続くよう、入会、会員継続、クチコミ宣伝等、ご支援をお願いします。