表紙は、「サウダーヂ」で話題を集めた映像制作集団「空族」の最新作、「バンコクナイツ」(8/19~9/1上映)。
タイ、ラオス、オールロケを敢行、失われた桃源郷を取り戻すための旅を描いたロードムービー。監督来館予定!

8月のシネ・ウインド上映作品の紹介&時間を掲載。(→8月の上映スケジュール)

特集は、シネ・ウインド流“街歩きのススメ”「ブラウインド 新発田編」
https://www.cinewind.com/ed-news/18691/
シネ・ウインドで今年2月と6月に上映し大好評、津端修一さん・英子さんご夫妻の心豊かな生活をおった映画「人生フルーツ」。その津端さんの師である建築家アントニン・レーモンドさんが設計した「カトリック新発田教会」や、モダンで哀愁漂う少女の絵が素敵な蕗谷虹児記念館、丁字型の屋根に3匹の鯱がのった珍しい三階櫓のある新発田城、などなど見どころいっぱいの、街歩き新発田編をお届けします。

その他、来館レポート、イベント報告、映画に関することや文学、演劇、美術、などなど、盛りだくさん!

「唄や耳薬 番外編」(松井まゆみ)は桜坂劇場と新良幸人ライブのお話。
台湾留学中のスタッフによる連載「小山の台湾日記10」は、かつての新潟県移民村「鹿野村」訪問。
「サウンドトラック隊の映画音楽講座」はアラン・ドロン作品の映画音楽。
リレー連載「猫と暮らして」は、句集『猫』を発行したばかりの俳人・田代草猫さんの登場です。井田英夫さんの表紙絵が素敵な句集『猫』(定価1000円+税)はシネ・ウインドでも販売しています。

毎回好評、タイラのイラストルポは、「松本零士の世界展」(新津美術館)。

音楽アート演劇など情報満載の「ピックアップ情報」も要チェック!
演劇公演や展覧会などの100文字感想「ピックアップレポート」も読み逃しなく!
「ピックアップ情報」に載せる情報、「ピックアップレポート」用のミニ感想コメント、ともに募集中です。

大阪の天満天神繁昌亭支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストでアルビレックス新潟ウォッチャー えのきどいちろうさんの「どうしてこんなに映画なんだろう」、好評連載中!

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。
会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。
(入会案内はこちら

★会員ではない方の購入方法はこちら

《もくじ》

1~2 スケジュール表 料金表 もくじ
3~10 シネ・ウインド インフォメーション
「14の夜」
タルコフスキー特集2017
「カフェ・ソサエティ」
「エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方」
「トンネル 闇に鎖された男」
「ヴィレッジ・オン・ザ・ヴィレッジ」
「ジョギング渡り鳥」
「メットガラ ドレスをまとった美術館」
「エルミタージュ美術館 美を守る宮殿」
「素敵な遺産相続」
「バンコクナイツ」+空族旧作3作品
「シチリアの恋」
「おじいちゃんはデブゴン」
11~12 事務局通信
13~14 来館レポート
*「PARKS パークス」樋口泰人さん、井手健介さん、Alfred Beach Sandalさん
*「まなざし」卜部敦史監督
イベント報告 *「PARKS パークス」上映記念ライブ
近影「ジギー・スターダスト」ディスプレイ
リレー連載 I like it ! ⑥
15   映画とともに *第27回にいがた国際映画祭
*「戦場ぬ止み」上映会に参加して
16  演劇「大石内蔵助の妻 りく」佐久間良子取材
「桜の森の満開の下」感想
17~20 ブラウインド 新発田編
21   ウインドのオススメ
*開港5都市景観まちづくり会議2017新潟大会
ウインド あ・ら・かると
*「美術館のあしたのあした」を聞いて
22   唄や耳薬 番外編  松井まゆみ
No Poem,No Life 7 長澤忍
23   麗しの島フォルモサへ 小山の台湾日記10
24   サウンドトラック隊の映画音楽講座92 島田幸市
25   どうしてこんなに映画なんだろう 51 えのきどいちろう
猫と暮らして 45
演劇「エレクトラ」を見て
26   声風―SEIFU―
南の果てより愛をこめて 342 恩田雅和
27~28 ピックアップ情報
29   ピックアップレポート 編集後記
タイラのイラストルポ「松本零士の世界展」

《スタッフコメント》
----------------------------

山形県酒田市の土門拳美術館、と言えば、もちろん、写真界の巨匠・土門拳の作品を展示する館なのですが、今回のお目当てはその庭園。広い広い敷地に、日本一と言われる程、多種の紫陽花が咲き誇る酒田市自慢のお庭なのです。


私は酒田市の生まれで、去年の暮れに父が亡くなったため、今は実家で母が一人暮らしをしています。高齢の母が心配で、日帰りながら週一程のペースで様子を見に行っているのですが、そろそろ紫陽花が咲いてるかな?と、母と二人で足を運んだのが6月の末。例年、見ごろは6月下旬~7月上旬なので、きっと満開の紫陽花が見れるはず、と思ってたら、なんとがっかり、全体の100分の5くらいしか咲いておらず、そっか、今年はいつまでも寒かったし、雨もあまり降ってなかったもんね、と。


それで、酒田市役所の公園緑地係に、「庭一面の紫陽花が見たいのですけど、いつくらいになりそうですか」と問い合わせてみたら、「今年はいつもより開花が遅れているので、見ごろになったら電話して教えてあげますよ」という嬉しいお返事が。酒田市は今、観光に力を入れていて、いつ行っても町に他所からのお客さんがたくさんいるなぁ、と思っていたのですが、こんなきめ細かいサービスもしてくれてたんだ!


で、そろそろかなぁ、と待っていたら、「お待たせしました。この土日が見ごろだと思いますよ」という電話をもらったのが、7月7日の七夕の日。ということで、再度、母と行ってきた次第です。


真夏日とはいえ、海風を気持ちよく感じる庭園。日傘をさし、濡れたタオルを首に巻いた母とゆっくり歩き、また、日蔭に入る度に持参のお茶を飲みながら、それぞれの紫陽花をたっぷり楽しみました。

ただ、紫陽花といえばやっぱり雨だよね、と、母娘の意見の一致をみましたので、今度は、雨の降る日にまた来ようよ、と約束。天気予報を見ながら酒田に帰る日を決め、またまた行ってきたいと思ってます。
(じゅん)

----------------------------

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。
(月刊ウインド編集部 市川)