201610windtop

表紙は、「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」(上映は10/15~10/28)。
生誕80周年を記念し、膨大な資料で再構築したポップ・ドキュメンタリー。
新潟市は赤塚さんゆかりの地でもあります。どうぞお見逃しなく!

シネ・ウインド10月上映作品の紹介&時間を完全掲載。
11/12~11/25開催の31周年祭情報(予定)も !

image1b
「FAKE」森達也監督

201610p16photo1
「大怪獣モノ」河崎実監督

201610p17photo2c
「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」遠藤ミチロウ監督

「来館レポート」、「イベント報告」、「あ・ら・かると映画版 映画とともに」はレポート盛りだくさん。
「あ・ら・かると」は、7月末に1週間かけて静岡・浜松・京都・大阪・島根・福井とまわってきた齋藤代表の「サイトウマサユキひとり旅・西日本縦断編」など。

演劇ページは、WSを見学させていただいた「東京デスロック 多田淳之介インタビュー」
(※多田さん構成・演出の「亡国の三人姉妹」新潟公演は12/7・8)と、「『オフェリアと影の一座』白石加代子 囲み取材」(※新潟公演は11/26・27)。

DSC_5105
多田淳之介さん

201610p22photo1-2c
白石加代子さん

隔月連載「唄や耳薬 沖縄音楽無駄話3」(松井まゆみ)はBEGINの話。
「サウンドトラック隊の映画音楽講座」(島田幸市)はオリンピック記録映画とサントラ盤について。
BOOKコーナーは『市民が主役の水と土の芸術祭2015 新潟市民プロジェクトの記録-ashigata-葦潟』。

様々な催しの100文字感想「ピックアップレポート」や、音楽アート演劇など情報満載の「ピックアップ情報」も要チェック。

コラムニストでアルビレックス新潟ウォッチャー えのきどいちろうさんの「どうしてこんなに映画なんだろう」、好評連載中!

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。
会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。
(入会案内はこちら

★会員ではない方の購入方法はこちら

《もくじ》

1~2 スケジュール表 料金表 もくじ
3~11 シネ・ウインド インフォメーション
      「LISTEN リッスン」
      「ロング・トレイル!」
      「冬冬の夏休み」
      「恋恋風塵」
      「バンクシー・ダズ・ニューヨーク」
      「淵に立つ」
      「オマールの壁」
      「いいにおいのする映画」
      「マンガをはみだした男 赤塚不二夫」
      「シリア・モナムール」
      特集上映【安吾と野坂】
        「白痴」
        「『エロ事師たち』より 人類学入門」
      「躍る旅人 能楽師・津村禮次郎の肖像」
      「山猫 4K修復版」
      新潟ドイツ映画祭2016
        「ブレイク・ビーターズ」
        「ヴィクトリア」
        「顔のないヒトラーたち」
12   31周年祭情報
13~14 事務局通信
15~17 来館レポート
      *「FAKE」森達也監督
      *「大怪獣モノ」河崎実監督
      *「お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました」遠藤ミチロウ監督
    イベント報告 *岡林信康 弾き語りライブ
    あ・ら・かると *ヘレンド展 *「アケルナル」
18~19 映画とともに
      *「映画の中の市民社会2016」講座
      *新潟市立上山小学校 映画製作クラブ
    猫と暮らして その37
20   ウインド あ・ら・かると *サイトウマサユキひとり旅・西日本縦断編
21~22 演劇 *東京デスロック 多田淳之介インタビュー
       *「オフェリアと影の一座」白石加代子 囲み取材
23   唄や耳薬 沖縄音楽無駄話 3 松井まゆみ
24   サウンドトラック隊の映画音楽講座87 島田幸市
25   どうしてこんなに映画なんだろう 41 えのきどいちろう
    BOOK 『新潟市民プロジェクトの記録』
    記憶の箱から 121 福島市男
26   声風―SEIFU―
    南の果てより愛をこめて 332 恩田雅和
    『死ぬな!』第5版 発行
27~28 ピックアップ情報
29   ピックアップレポート 編集後記

《スタッフコメント》
----------------------------

この夏、「君の名は。」と共にあった。10回映画館で観た。シネ・ウインドにもゆかりのある某映画監督が、淀川長治さんの「10回同じ映画を観れば監督になれる」という言葉を実践したという話を、僕はwikiで読んだ。自主制作に行き詰っていたこともあり、暗示をかける意味で「君の名は。」を10回観た…。どう思ったか…。

最大の収穫はたぶん「話のネタにできる!」ということだ。二番煎じとか聞こえそうだが、前例のないことのように語れば誰にも(シネ・ウインドの人以外)気づかれまい。「へえ~すごいね」という一言がモチベーションになっていた気がする。しょうもない気もしないでもないが、結局のところ自主制作も「へえ~すごいね」という言葉欲しさかもしれない、と思った初秋だった。(角田龍一)

〈ちょっと一言〉
「同じ映画を10回…」のエピソードは、月刊ウインド2015年4月号に掲載した「シネ・ウインド30年目記念 山賀博之インタビュー」にも出てきます。バックナンバーはシネ・ウインドにあります。また、こちらでも読むことができます→ https://www.cinewind.com/intv30/5-5/

※11月に開催するシネ・ウインド31周年祭では、山賀博之さんの監督作品「王立宇宙軍 オネアミスの翼」(1987年公開)を上映します(11/12~18)。初日には山賀監督も来館予定です。お楽しみに!! (市川)

----------------------------

■月刊ウインド編集スタッフ(ボランティア) 募集中!!
少しでも月刊ウインドの編集に興味を持ったら、ぜひ見学にいらしてみてください。
編集会議は毎週水曜夜、シネ・ウインド内フリースペースです。
※お休みすることもあるので、できるだけ事前に連絡をお願いします。
(月刊ウインド編集部 市川)