表紙は東海テレビドキュメンタリー劇場第10弾「人生フルーツ」(2/4-17上映)。
本当の豊かさとは何かを考えさせる、風と雑木林と建築家夫婦の物語です。

2月のシネ・ウインド上映作品の紹介&時間を掲載。(→2月の上映スケジュール)
2/18のニイガタ・フットボール映画祭で上映する「栄光の黒豹」主演の目黒祐樹さんにお会いした際の写真も掲載しています。

イベント報告は、12/7「シネ・ウインド開館記念日」、12/3「バクシーシ山下の社会科見学in新潟4」、新潟市出身の映画評論家「佐藤忠男特別講義」(12/11)。

来館レポートは、「野生のなまはげ」新井健市監督&なまはげ役・燕市出身のほりかわひろきさん、ほか。

「ウインド あ・ら・かると」は旅行記や様々なイベントの感想、演劇欄は「亡国の三人姉妹」「オフェリアと影の一座」Noism2公開リハ&本番の感想と、盛りだくさん。
「あちらこちら安吾」は第1回ニイガタ安吾賞授賞式(2/26)と、2/17の安吾忌についてなど。

今月号から新潟県在住の詩人・長澤忍さんの連載「No Poem,No Life」がスタートします。
台湾留学中のスタッフによる連載「麗しの島フォルモサへ 小山の台湾日記4」は「バシー海峡戦没者慰霊祭編」。「唄や耳薬 沖縄音楽無駄話5」(松井まゆみ)は新良幸人のお話、「サウンドトラック隊の映画音楽講座」(島田幸市)は特集上映【音楽映画遊覧飛行】に寄せて。
様々な催しの100文字感想「ピックアップレポート」や、音楽アート演劇など情報満載の「ピックアップ情報」も要チェック!
コラムニストでアルビレックス新潟ウォッチャー えのきどいちろうさんの「どうしてこんなに映画なんだろう」、好評連載中!

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。
会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。
(入会案内はこちら

★会員ではない方の購入方法はこちら

《もくじ》

1~2 スケジュール表 料金表 もくじ
3~11 シネ・ウインド インフォメーション
     「この世界の片隅に」
     「アスファルト」
     「ノーマ東京 世界一のレストランが日本にやって来た」
     【音楽映画遊覧飛行】
       「ラスト・タンゴ」
       「パコ・デ・ルシア 灼熱のギタリスト」
       「ソング・オブ・ラホール」
     「人生フルーツ」
     「将軍様、あなたのために映画を撮ります」
     「ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿」
     【ニイガタ・フットボール映画祭2017】
       「栄光の黒豹」「U-31」
     「ケンとカズ」
     「ヒッチコック/トリュフォー」
     「リトル・ボーイ 小さなボクと戦争」
     「歌声にのった少年」
     「ミス・シェパードをお手本に」
12~13 事務局通信
14~16 イベント報告 *シネ・ウインド開館記念日
      *バクシーシ山下の社会科見学in新潟4
      *佐藤忠男特別講義
    来館レポート *「野生のなまはげ」新井監督&出演者等
17   あちらこちら安吾 *ニイガタ安吾賞授賞式 *安吾忌 *「文學界」 
    新連載 No Poem,No Life 1 長澤忍 
18~20 ウインド あ・ら・かると 
      *福島弾丸“文芸”巡り
      *森達也の「あの頃の話」@北書店 感想
      *『柳政利さんのいた新潟』刊行に寄せて
      *大杉漣講演会@酒田 感想
      *「鴻池朋子展」を味わい尽くす! ①
21   演劇 「亡国の三人姉妹」「オフェリアと影の一座」
22   麗しの島フォルモサへ 小山の台湾日記4
    演劇 Noism2公開リハ&本番 感想
23   唄や耳薬 沖縄音楽無駄話 5 松井まゆみ
24   サウンドトラック隊の映画音楽講座89 島田幸市
25   どうしてこんなに映画なんだろう 45 えのきどいちろう
    ウインドあ・ら・かると *大和デパート記憶と希望展 感想
    猫と暮らして その41
26   声風―SEIFU―
    南の果てより愛をこめて 336 恩田雅和
27~28 ピックアップ情報
29   ピックアップレポート 編集後記

《スタッフコメント》
----------------------------

Noism1「マッチ売りの話」+「passacaglia」、鴻池朋子展「皮と針と糸と」、映画「この世界の片隅に」(シネ・ウインド上映は2/3(金)まで)、周囲で話題です。これが面白い、あれがよかった、おススメだよ、というかもうぜひ見なさいなどなど、好きなものの話をする人の、なんと活き活きとしていることか。話を聞き始めてから予定帳を開くまでに大して時間はかかりません。
「ねえ見てこれ、かわいくない?」
「ほんとだ、かわいー」
みたいな、きゃっきゃした女子のやりとりに置き換えて、彼らの熱い感想を聞くのが好きです。そう、これは文化フォーラムマガジン月刊ウインド編集部でのやりとりです。
編集部の会議は現在男子率が高く、文化系男子がきゃっきゃしながら作業を(忘れておしゃべりしたり)しております。編集部員はいつでも募集中です。気軽にお問い合わせください。
(武居)

----------------------------

■月刊ウインド編集スタッフ(ボランティア) 募集中!!
少しでも月刊ウインドの編集に興味を持ったら、ぜひ見学にいらしてみてください。
編集会議は毎週水曜夜、シネ・ウインド内フリースペースです。お休みすることもあるので、できるだけ事前に連絡をお願いします。
(月刊ウインド編集部 市川)