表紙は、新潟県出身 漫画家・魚喃キリコ原作の、痛くて愛おしいラブストーリー「南瓜とマヨネーズ」(11/25~12/8上映)。

12月のシネ・ウインド上映作品の紹介&時間を掲載。(→12月の上映スケジュール)

〈あちらこちら安吾〉は、シネ・ウインドがドーンと応援した、演劇「戦争と一人の女」
の感想座談会&坂口安吾生誕祭111イベントレポート。同じものを見ても感想は様々で、
いろいろ盛り上がりました。

〈あ・ら・かると〉は、「知ったかアート大学新潟校」、「玉川太福浪曲独演会」、新潟市美術館「東京国立近代美術館工芸館名品展」、新潟県立万代島美術館「うつくしい暮らし展」、新潟古町えんとつシアター支配人による、「カトウコトノ『将国のアルタイル』原画展」の感想などなど。他にも、来館レポート、イベント報告、映画祭や本についてなど、盛りだくさん!

舞台屋織田組の作・演出、干場貴之さんの連載「しからば腹蔵なく申し上げなん」、第3回は劇団私事。公演「月が惑星」をめぐって、演劇のお話。

「サウンドトラック隊の映画音楽講座」は「三度目の殺人」や「ドリーム」など最近見た映画の音楽について。

音楽アート演劇など情報満載の「ピックアップ情報」、演劇公演や展覧会などの100文字感想「ピックアップレポート」にもご注目ください。
「ピックアップ情報」に載せる情報、「ピックアップレポート」用のミニ感想コメント、ともに募集中です。

大阪の天満天神繁昌亭支配人・恩田雅和「南の果てより愛をこめて」、コラムニストでアルビレックス新潟ウォッチャー えのきどいちろうさんの「どうしてこんなに映画なんだろう」、好評連載中!

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。
会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。
(入会案内はこちら

★会員ではない方の購入方法はこちら

《もくじ》

1~2 スケジュール表 料金表 もくじ
3~11 シネ・ウインド インフォメーション
     「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」
     「クロス」
     「南瓜とマヨネーズ」
     シネリテラシーフェスタ2017
     「あさがくるまえに」
     日本バンカラロック「ヌーヴェルラゴン」
     「三里塚のイカロス」
     「全員死刑」
     「おクジラさま ふたつの正義の物語」
     「夜間もやってる保育園」
     「ポルト」
     「プラハのモーツァルト 誘惑のマスカレード」
     「ジュリーと恋と靴工場」
     「戦争のはらわた」
     「リングサイド・ストーリー」
     「セザンヌと過ごした時間」
12~13 事務局通信
14   来館レポート
     *「光と禿」青木克齊監督、田巻源太さん
    イベント報告 *新潟シティマラソン応援
15   イベント報告 *新潟ドイツ映画祭2017 新潟日独協会事務局長 青柳正俊さん
    近影 「ギミー・デンジャー」ディスプレイ
16   映画とともに
     *山形国際ドキュメンタリー映画祭 感想
     *第4回にいがた食の映画祭 感想
    映画とこころ 4 渡邉良弘
17~19 あちらこちら安吾
     *演劇「戦争と一人の女」感想座談会
     *坂口安吾生誕祭111 レポート
     *『安吾探索ノート第8号』発刊
    BOOK 『川を上れ 海を渡れ』
20~21 ウインド あ・ら・かると
     *知ったかアート大学 新潟校開校!
     *玉川太福浪曲独演会に寄せて
     *東京国立近代美術館工芸館名品展/うつくしい暮らし展/萬鐵五郎展 感想
    出店報告 ウインド掘り出しモノ市
22   演劇 「リチャード三世」/「トスカ」感想
23   しからば腹蔵なく申し上げなん 3 干場貴之
    No Poem,No Life 11 長澤忍
24   サウンドトラック隊の映画音楽講座 94 島田幸市
25   どうしてこんなに映画なんだろう 55 えのきどいちろう
    あ・ら・かると *「将国のアルタイル」展 感想
    猫と暮らして 49
26   声風―SEIFU―
    南の果てより愛をこめて 346 恩田雅和
27~28 ピックアップ情報
29   あ・ら・かると *「死ぬな!」第6版発行
    ピックアップレポート 編集後記

《スタッフコメント》
----------------------------

TBSラジオ「神田松之丞 問わず語りの松之丞」が、すこぶる面白い。特番を除くと、今年4月に3ヵ月限定で深夜12時30分~放送され、現在は火曜日~金曜日の19時30分頃~10分の帯番組としてオンエアされている。ジョー山中「人間の証明」に乗せて「子どもの頃、私にとってラジオは大人の本音が聴ける場所でした。今ならネットで本音は溢れておりますが、言葉を選んだ本音、人に届く本音が聴けるのは、私にとってラジオだけだったと思っております」という口上から始まり、EGO-WRAPPIN’「色彩のブルース」をバックに「今日も無事じゃなく終わりました」と締めるこのラジオ。正に本音に充ちている。“当代きっての人気若手講談師”として知られる松之丞だが、番組では偽悪的なほどに妬み・ひがみ・嫉みに充ちた愚痴を披露する。その牙は番組スタッフやリスナー・観客・女子アナに始まり、講談師として生きる松之丞自身にも向かい、鋭い切れ味で森羅万象を笑いへと昇華してゆく。それでいて、その語り口には含羞も滲み、学生時代から落語・浪曲・講談を“観客”として見続けた“見巧者”として伝統芸能に寄せる愛が溢れる瞬間もある。ラジオというパーソナリティとリスナーとの距離が近く感じられる媒体を活かしきる語りは、堪らなく痛快だ。1983年生まれの松之丞の歩みを、杉江松恋が聞書きとして纏めた『絶滅危惧職、講談師を生きる』(新潮社)も、同世代の芸能者が語る芸談として、他人事とは思えない迫真を感じさせられた(私も立川談志の「らくだ」にぎりぎり間に合えた世代)。

松之丞師について讃える文章に添えるのもおこがましいが、私もにいがた映画塾制作の「にいがたニモ」(エフエム新津)でラジオパーソナリティーの真似事を務めたり、人前で話すことの多い身。「人に届く」言葉を紡ぐことの難しさを痛感することもある。伝統芸能の第一線で輝く松之丞師の語りに大笑いしつつ、何処かでその話芸からヒントを掴もうとしているのかもしれない。来年は高座に出掛けることを目標にしよう。    (久志田 渉)

----------------------------

■一緒に月刊ウインドをつくりませんか。編集スタッフ(ボランティア) 募集中です。
(月刊ウインド編集部 市川)