wind06top

表紙は、クリスチャン・ディオール全面協力で撮影された、世界的ブランドの誇り高き舞台裏、「ディオールと私」(6/6~26上映 ※6/20は上映なし)。パリコレ準備の様子が見られるなんて、これは貴重です!

シネ・ウインド6月上映作品(第25回にいがた国際映画祭含む)の紹介&時間を完全掲載。

特集は「ブラウインド西大畑・日和山編」。

坂道と松林と高低差を体験しつつ、歴史と文学を思う、ウインド流街歩き。皆さんもぜひ実際に歩いてみてください!

30年目記念インタビュー第7弾は、「どこにも無い場所」連載中の、シネ・ウインド座付き詩人 鈴木良一さん。詩についてや、シネ・ウインドとのかかわり、詩誌目録「紙魚」のことなど、いろいろ伺いました。

来館やイベント満載だった4月のレポートも、一挙に掲載。

「新潟クラシック音楽界列伝by concerto」(佐藤利幸)は笠原恒則さんをご紹介、タイラのイラストルポは「山本二三展」。

コラムニストでアルビレックス新潟ウォッチャーえのきどいちろうさんの「どうしてこんなに映画なんだろう」、好評連載中!

★シネ・ウインド会員になると月刊ウインドが毎月お手元に届きます。

会員になって、「文化フォーラムマガジン」としてさまざまに発信を続ける月刊ウインドをぜひ継続してお読みください。

(入会案内はこちら

 

★会員ではない方の購入方法はこちら

 

《もくじ》

 

1~2 スケジュール表 料金表 もくじ

3~12 シネ・ウインド インフォメーション

      「みんなの学校」

      「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」

      「パリよ、永遠に」

      「JIMI:栄光への軌跡」

      「和食ドリーム」

      「ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古」

      「ディオールと私」

      「恐怖分子」

      「小さき声のカノン―選択する人々」

      「まちや紳士録」

      「無知の知」

      「ラジウム・シティ~文字盤と放射線・知らされなかった少女たち~」

      第25回にいがた国際映画祭

    30年目プロジェクトコーナー

      WSNL「映画館でほろ酔いコンサート」

    来館レポート *「夢は牛のお医者さん」

13   事務局通信

14~15 来館レポート

      *「千年の一滴 だし しょうゆ」柴田昌平監督舞台挨拶&イベント

      *「谷川さん、詩をひとつ作ってください。」杉本信昭監督

      *「水の声を聞く」山本政志監督

      *「チョコリエッタ」風間志織監督

16   イベント報告

      *「みんなのアムステルダム国立美術館へ」新潟市美術館・塩田館長トーク

      *バクシーシ山下の社会科見学in新潟

17   ウインド あ・ら・かると

      *2015年本屋大賞発表会に参加して

      *芸術のミナト☆新潟演劇祭を振り返る

18   新潟クラシック音楽界列伝 2 佐藤利幸

    どこにも無い場所108 鈴木良一

19~20 シネ・ウインド30年目記念インタビュー 第7弾 鈴木良一

21~24 ブラウインド 西大畑・日和山編

25   どうしてこんなに映画なんだろう 25 えのきどいちろう

    ウインド あ・ら・かると *えんとつシアターオープン!

    記憶の箱から 106 福島市男

26   声風―SEIFU―

    南の果てより愛をこめて 316 恩田雅和

    猫と暮らして その21

27~28 ピックアップ情報

29   ピックアップレポート 編集後記

    タイラのイラストルポ 山本二三展

 

《スタッフコメント》

----------------------------

 

食べ物関連の本が好きでして、コレクションというほどではありませんが、本棚の一角を占有しています。

その内訳はレシピ本より、食文化史やエッセイが多いですかね。

パッと思いつくのは『きらめくジャンクフード』(野中柊)、『散歩のとき何か食べたくなって』(池波正太郎)。

特に『剣客商売 包丁ごよみ』(池波正太郎)にはずいぶん影響を受けて、食べ物の好みが変わったような気がします。

そんなこんなで書店では「これは!」というタイトルの本があると、ついつい手が伸びます。

最近では『ファッションフード、あります。はやりの食べ物クロニクル1970-2010』(畑中三応子)を購入。

まだ読み終えてはいませんが、「そういえばこれ流行ってた!」というものが次から次へと登場します。

記憶にあるのは90年代以降ですが、パンナコッタ、ナタデココ、イタ飯…。

やっぱり覚えがあるのはイタリア料理のブームですかね?

外食にはめったに行かないのに、流行っているのは知ってた気がします。

そういえば、ナタデココがジュースやゼリーに入るようになったのはあの頃から?

食べ物の歴史は面白いなぁ。

(小村)

 

----------------------------

 

■月刊ウインドを一緒につくりませんか。

編集スタッフ(ボランティア) 募集中!!

 

(月刊ウインド編集部 市川)