サブ4bさらば愛の言葉よ

11月7日からはじまったシネ・ウインド30周年祭。たくさんの企画が繰り広げられるが、特集上映【SOUND&VISION】では、音楽と映像に凝った作品を上映する。
僕が今回、いちばん楽しみにしているのは、なんと言ってもジャン=リュック・ゴダールの最新作「さらば、愛の言葉よ」だ。
御年84歳、常に新しいことに挑戦し続けてきたゴダールが、3D作品を撮ったというのだから、それだけでファンとしてはワクワクしてしまう。

さらば愛の言葉よメインs

実はこの作品、僕はすでに観ているのだが、きらびやかな映像と音のコラージュが大変に素晴らしく、何度でも観返したくなる、素晴らしい作品に仕上がっている。
前作にあたる「ゴダール・ソシアリスム」では、左右のスピーカーから片方ずつ音を流すという斬新な手法を取っていたが、本作ではさらにそれを発展させ、加えて観客の左右の目に、それぞれ別の映像を見せるという凄技までやっている!
これがどんな映像なのか、是非とも劇場で体験していただきたい。
残念ながらシネ・ウインドでは2Dの上映となるが、映像の素晴らしさや斬新さは3Dにも引けをとらないと思う。

サブ3b

【SOUND&VISION】は選りすぐり5本を日替わりで上映する。
「さらば、愛の言葉よ」の上映は、11月8日(日),12日(木),17日(火),23日(月),27日(金)。
そして観た人は僕と語ろう!

サブ4b201511p8-9Photo7b

◎「さらば、愛の言葉よ」http://godard3d.com/
シネ・ウインド上映 11月8日(日)19:20~20:40 ,12日(木)19:00~20:20 ,17日(火)19:10~20:30 ,23日(月)15:30~16:50 ,27日(金)16:35~17:55

☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆
《ちょっとひとこと》
●新潟・市民映画館シネ・ウインド30周年祭は、11月7日(土)~27日(金)
ぜひたくさん足をお運びください!
30周年祭情報→https://www.cinewind.com/news/30-11-7-11-27/

●30年記念のひとつとして、シネ・ウインドの過去上映作品の一覧をホームページに掲載するべく、会員有志が作業中です。完成分は順次掲載していますので、どうぞご覧ください。ゴダール作品も、これまでに何本も上映しています。
※HPトップの左上「上映作品」→「過去上映作品」

(Ichikawa)


The following two tabs change content below.
泥酔庵 麦酒

泥酔庵 麦酒

普段は某シネコンで働き、休みの日は映画館で映画を観るという毎日を過ごしている、ただの映画バカです。ちなみに、人生のベスト映画は『キャリー』と『ソドムの市』。