t02200269_0472057713219490818

3月13日、シネ・ウインドにて『劇場版 BiSキャノンボール 2014』を観た。

アイドル映画というものは、いつの時代でも存在してきたが、今はアニメ界をアイドルものが席巻している。

僕は微塵も興味がないのだけれど、それでも、これほどまで人を惹きつけるアイドルというものに、自分なりの解答を出さねばならないだろうとは、ずっと考えていた。

そこに来てこれである。

いやはや、参った…。

とんでもない傑作じゃないか!

BiSメンバーの女のコたち、それを追う監督たち、マネージャーや名もなきファンのひとりひとり、あらゆる人間が”アイドル”という、わけのわからないものに突き動かされ、本気で笑い、怒り、そして涙する。

“IDOL”とは直訳すれば偶像である。

しかし、片仮名で”アイドル”としたときの、それが持つ意味は、もっともっと抽象的で掴み所がない。

ましてBiSというのは、その破天荒な活動ぶりで有名になったアイドル・グループだ。

そんなアイドルの常識を覆し続けてきた彼女たちだが、それでもなお”アイドル”という規範の中で行動しようとするのだから、もう何が何やら解らなくなってしまう。

その明確な答えを、本作がつまびらかにしているわけではないのだけれど、それでもひとつの糸口が見付かったようには思う。

良い映画体験だった。


The following two tabs change content below.
泥酔庵 麦酒

泥酔庵 麦酒

普段は某シネコンで働き、休みの日は映画館で映画を観るという毎日を過ごしている、ただの映画バカです。ちなみに、人生のベスト映画は『キャリー』と『ソドムの市』。