先日までシネ・ウインドで上映していた映画の「やま場」で、巨大な、ふるいオルゴールが重要なアイテムとなっていたのが印象的でした。

その音の味わい(発音システム自体は、とてもシンプルなのにね)にも惹かれたのですが、歯車によって制御される、機械じたいの佇まいにも見とれていた。すいません、話がまたマニアックな方向に転がってますが(^_^;、そんなオールドスタイルの機械に思いをめぐらすことが、この頃増えています。プリント基板と集積回路を中核にしたそれではなくて。

そんな、ふるい機械のなかで、ぼく自身がもっとも馴染み深かったのは、小学校の授業で触った足踏み式ミシン、ってことになると思います。

今にして思えばこどもの躰に対して大振りなペダルを踏み、「だだだだだ」といいう鈍重な音と共に、小さなミシン針が正確に上下する。あれが、ぼくにとっての、ふるい機械の「原風景」だと言えるくらい、その感触は今でも鮮明です(その成果が惨憺たるものだった、という記憶とともに(^_^;)。

今にして思うと、そうした機械の存在が、感触が、すでに日常から薄れつつあったからこそ、鮮明に覚えているのかもしれません。

もうひとつ、ぼくのなかで「ふるい機械」の象徴なのが「手回し式計算機」です。現物に触ったことはありません。クレージーキャッツの映画で、オフィスで使っていたのを見たのが、其れを知った最初だったと覚えています。

計算性能(使いやすさを含む)は勿論、電子計算機に及ぶべくもないとしても、歯車を中心としたシステムで加減乗除をこなしてしまう、それを編み出した人の知恵と努力に思いを馳せる。同時に、何とか本物に触ってみたい、そんなことを考えているのです。どなたか所在をご存知でしたら、教えていただけませんか。

日本で普及していた「手回し計算機」の代表が、「タイガー計算機」だったといいます。

かつて「タイガー計算機」を製造販売していた、タイガー株式会社さん(現在はタコグラフや運行管理ソフトの開発を、手がけられているとか)による、「タイガー手廻計算器資料館」なるホームページがあるので紹介します。

「そもそも、手回し計算機」って何さ?」という方も含めて、御用とお急ぎでない方は、ぜひ。

  ▼

☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆

このコーナー(今週の担当者の文章の下)では、その週のブログの内容に合わせて(こじつけて)、シネ・ウインド上映作品をご紹介しています。
さて、今週はどの作品がいいでしょう。

靴職人
すぐに思い浮かぶのは、上映中の「靴職人と魔法のミシン」。ニューヨークの下町を舞台にした大人のためのおとぎ話。文字通り、ミシンが登場します。
◎「靴職人と魔法のミシン」http://kutsushokunin.jp/
シネ・ウインド上映 9/5(土)~9/18(金)
9/12(土)~9/18(金) 10:00~11:45
※「靴職人と魔法のミシン」は9月18日(金)ネタバレ映画夜話対象作品です。
…9/18(金) 19時~ シネ・ウインド2階 フリースペースにて  https://www.cinewind.com/news30/9-18/
topルンタ

「手回し」で連想したのが、チベット仏教のマニ車。回転させた数だけ、お経を唱えるのと同じ功徳があるのだとか。
映画「ルンタ」は中国政府の圧政に対し非暴力の闘いを続けるチベットの人々をとらえたドキュメンタリーです。チベットの大自然やそこに暮らす人々の伝統的な暮らしも描かれます。
◎「ルンタ」 http://lung-ta.net/
シネ・ウインド上映 9月19日(土)~9月25日(金) 10:00~12:00 / 16:45~18:45

福岡から “自転車” で東京を目指す女子高生4人組を描いた「私たちのハァハァ」や、くせ者俳優による人間模様「ローリング」(“転がる”) 、「ベトナムの風に吹かれて」にもふるくて魅力的な機械が出てきそうです。
09top私たちのハアハア
◎「私たちのハァハァ」 http://haa-haa.jp//
シネ・ウインド上映 9月19日(土)~10月2日(金)
9月19日(土)~9月25日(金) 14:45~16:25 / 19:05~20:45
9月26日(土)、28日(月)~10月2日(金) 10:00~11:40 / 19:00~20:40
9月27日(日)10:00~11:40
09topローリング
◎「ローリング」 http://rolling-movie.com//
シネ・ウインド上映 9月26日(土)~10月2日(金) 14:30~16:10
09topベトナムの風に吹かれて
◎「ベトナムの風に吹かれて」 http://www.vietnamnokaze.com/
シネ・ウインド上映 9月26日(土)~10月16日(金)
9月26日(土)、28日(月)~10月2日(金) 12:00~14:05 / 16:30~18:35
9月27日(日)12:00~14:05
※以降の時間は直接お問い合わせください。
★9/26(土)「ベトナムの風に吹かれて」大森一樹監督、松坂慶子さん、草村礼子さん来館、舞台挨拶あり!
※シネ・ウインド会員は優先入場予約ができますが、すでにたくさんの申し込みが寄せられていますので、ご希望の方はお急ぎください(満席札止めの際はご容赦ください)。
https://www.cinewind.com/news/9-26-2/

皆さんの見たい映画はありましたでしょうか?

(Ichikawa)


The following two tabs change content below.
よるの行灯

よるの行灯

自称「まちなか移民」。理屈っぽい性格の割に、非論理的な言動が多い。 プロジェクトの雑用係、兼雑用係(笑)。古いものと酒と猫を偏愛する。