新潟市内4ヵ所の潟を旅していく、水と土の芸術祭2015の企画「潟るカフェ」(timber messenger-山から海へ旅するカフェ- 金野千恵)。鳥屋野潟でやっていた際に見に行って気に入り、丁度休みが取れる日に佐潟での設営があるということだったので、思い切ってボランティアに参加してきました。その日は風がとても強く材料が飛ばされそうになったりして大変でしたが、なかなか印象深い体験でした。

主に、日除けに使うすだれの補修やそこに結わえる藁を並べたりしたのですが、まあ、ぶっちゃけ地味です(笑)。でも、やっているうちにちょっとだけコツが分かって面白くなってきたりもして。それに、一つ一つの作品制作がそういう地道な作業の積み重ねだと改めて体感出来たのも良かったです。

それから、スタッフの人(多分大学生?)から高校生に間違われたり、花壇の手入れに来ていた近所のお母さんたちから果物を貰ってしまったりもしました。この辺は作品とはあまり関係ないのですが、普段しないことをすると思った以上に新鮮な体験ができたりするな、って感じでした。

D D
「潟るカフェ」は9月13日まで佐潟で、9月19日から10月4日までは上堰潟で、毎週土日にやっています。 興味を持った方はぜひ行ってみてください。近隣の作品もみんな素敵ですよ!

(しかし、何やら毎回シネ・ウインド以外の宣伝をやっているような…まあいっか)

☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆.+*:゚+。.☆

移動アート「潟るカフェ」の正式タイトルは「timber messenger-山から海へ旅するカフェ-」。
「旅する」といえば、流浪の民ジプシー。
09topパプーシャの黒い瞳
書き文字を持たないジプシーの一族に生まれながら、幼い頃から詩を詠み、後にポーランドを代表する女性詩人の一人となるブロニスワヴァ・ヴァイス(愛称パプーシャ)を描いた映画「パプーシャの黒い瞳」が、9月12日からシネ・ウインドで上映されます。
美しきモノクロームの映像と、心ふるわすジプシー音楽。
1週間限定の上映です。どうぞお見逃しなく!
◎「パプーシャの黒い瞳」 http://www.moviola.jp/papusza//
シネ・ウインド上映 9月12日(土)~9月18日(金) 毎日14:15~16:35

★9月8日(火) シネ・ウインド会員総会のご案内
シネ・ウインドのこの1年と、これからのことを皆で話しましょう。シネ・ウインド会員でしたらどなたでもご出席いただけます。
…9/8(火)19時~ 会場:新潟市総合福祉会館 405会議室 ※終了後、懇親会あり
https://www.cinewind.com/news/9-8/

★次回のシネ・ウインド30年目プロジェクト会議は、9月11日(金)の夜です。
メンバー随時募集中!
…9/11(金) 19時~ シネ・ウインド2階 フリースペースにて

(Ichikawa)


The following two tabs change content below.
Y作

Y作

シネ・ウインド元アルバイト、現ただの会員なアニメオタク。最近ウインド界隈で年下が増えてきたことに焦りを感じる今日このごろな20代中盤