4/19(土)より4/25(金)まで上映の「SAVE THE CLUB NOON」

初日舞台あいさつを行いました。

関西より、JR「サンダーバード(”雷鳥”は今やこの名前らしい)」を乗り継いで、日本海側を北上、はるばる駆けつけてくださった、宮本杜朗監督、企画の佐伯慎亮さんです。

20140419クラブヌーン舞台あいさつ

軽装のお二人。新潟の春はちょっと寒かったようで、申し訳なく。。。

シネ・ウインドでの映画上映は4/25まで、毎日19:30~、最終日の4/25金曜のみ、19:30に加えて21:30~も上映します。

 

イベント「SAVE THE CLUB NOON」が行われ、そしてこの映画が作られたいきさつについては、ぜひ映画をご覧いただきたいのですが、「NOON訴訟」は4/25に大阪地裁で判決が出る予定です。

逮捕拘留・起訴されてしまったNOON経営者を助けよう、全国から手弁当で集まったという20人以上の大弁護団や学識経験者なども含め、様々な人たちの応援でこの日を迎えます。

判決を聞いてから映画を見るか、見てから判決を聞くか。

事件を受け、NOONを応援しようと開催されたこのイベントと、出演ミュージシャン達の音楽への思いを、ぜひご覧ください。

 

NOON裁判支援サイト http://noon-trial.com/

映画「SAVE THE CLUB NOON」公式サイト http://savetheclubnoon.com/

 

シネ・ウインド 田村